コンビニで工夫されたのぼりの立て方

のぼりで活気を!

工夫次第で集客宣伝効果がアップするコンビニののぼりの立て方

コンビニで工夫されたのぼりの立て方

戦国時代にも使われていたのぼり旗。

現代ののぼりの使い道は、戦国時代のような敵と味方の戦いではなく、商業的な戦いの意味合いが大いにあるようだ。

そんなのぼりの興味深い話を、効果的なのぼりのデザインを考えてみよう(URL:http://www.leanbodyfitnessarticles.info/)で仕入れたのでいくつかご紹介したいと思う。

コンビニでものぼりをよく見かけるが、コンビニ業界の常識のひとつらしいのだが、同じのぼりの種類を連続して立てる方が、バラバラののぼりを立てるよりも宣伝した商品だけでなく総売上も上がるそうだ。

同じのぼりをたくさん立てることで、バラバラ違う種類ののぼりを立てるよりも断然目立つからではないだろうか。

また、見栄えがいいし統一感もあっていいようである。

さらに、たくさん並べることで気軽にコンビニに立ち寄ってもらえる演出効果もあるようだ。

コンビニ業界は、このようなのぼりの集客宣伝効果を最大限に発揮しているということであろう。

のぼりの立て方を工夫するだけで、より高い宣伝効果を得られるのか、いかに集客できるかを常に分析しているに違いない。

確かに、同じ種類ののぼりに商品名が書かれていると、その商品を買うつもりでなくても、つい買ってしまうことがよくあるものだ。

そんな人間の心理を利用したのぼりの立て方なのであろう。

見事に上手い商法である。

のぼりで活気を! Copyright (C) www.spillmanracing.com. All Rights Reserved.